アウディRS6/C5、グレードアップメンテナンス















お車はRS6/C5 です。






近年、ダウンサイジングがおこなわれる中、
C5のRS6は本当に貴重な存在です。












今回はそのC5/RS6の更なるパワーアップ、そしてそのパワーを
活かすべくグレードアップメンテのご依頼です。













まずはECUからです。






今回は D's Racing さんにご協力いただき
デジタルスピードのインストールをおこないました。

こちらはミッションマネージメントも含まれています。
トルコンAT車の大幅なパワーアップ、特にトルクのアップには欠かせませんね。







インストール後は、ノーマル450psから525psに
そしてトルクが560N.mから717N.mに大幅アップです。

b0173563_11553382.jpg

b0173563_16482253.jpg






















さて、ここからはこのパワーを十分に発揮させるための
メンテナンスを始めます。














エアークリーナーは BMC純正交換タイプを使用します。
吸気効率の優れたエアクリです。

b0173563_1233889.jpg















RS6の心臓部です。

クリーナーボックスのカバーはカーボン製です。

b0173563_1254087.jpg













このカバーを開けて BMC と差し替えます。

b0173563_20421546.jpg




















イグニッションコイルはプラズマダイレクトを使用します。
V8なので8本必要です。


信頼と安心のダイレクトコイルですね。
始動性と高回転の伸びが変わりますね。

b0173563_1241091.jpg












もちろんプラグは NGK を使用します。
こちらも安心と信頼のプラグです。
熱に強く耐久性に優れています。

まずは IRIWAY7 から始めます。

b0173563_1243280.jpg

b0173563_125481.jpg























お次は、足まわりに取りかかります。





純正のDRCが経年劣化でオイル漏れをおこし
通常の機能を維持出来てません。
普通に走行するのもちょっと神経を使う状態です。

b0173563_1650390.jpg

















ということで こちらの KWバージョンⅢを使用いたします。

b0173563_1283384.jpg















純正DRCのオイルラインをカットして
KW Ver3をインストールのため
こちらのメクラ蓋が必要となります。

もちろん KWのキット内容です。

b0173563_129940.jpg














このメクラ蓋を
DRCのオイルラインに実際に装着したところです。

b0173563_1293633.jpg




















準備は整いましたのでいよいよ KW Ver3を
組み込みます。






RS6用は前後共このように新しい減衰調整式に変わってます。
バンプ側(縮み側)はダイヤル式なのでかなり減衰調整が
しやすくなりましたね。

b0173563_1292740.jpg

b0173563_1294465.jpg
















フロントに組み込んだところです。

b0173563_1210683.jpg















こちらはリアです。



C5はコイルオーバーの車高調整式です。
別タンク仕様でオイル容量を増やしてます。

b0173563_121174.jpg

















点検時にフロントのアッパーアームがヤレていたので、
左右合計4本をNEWアームに交換しました。

b0173563_12234058.jpg
























そしてブレーキのメンテです。






ブレーキローターとパッドを前後とも交換しました。
純正のNEWローターを使用です。

b0173563_1651137.jpg


















ブレーキパッドはCOTO製GNタイプを使用です。



純正パッドより制動性を高めつつ
低ダストかつ鳴き防止のためのパッドです。

b0173563_1231152.jpg















フロントの交換をおこなったところです。

純正キャリパーはまだ使用可能です。
ブレンボ製の8POTでパッドは4枚仕様です。

b0173563_12114218.jpg


















こちらはリアの交換をおこなったところです。


リアローターもフロントと同様、
大口径ベンチタイプになっています。

b0173563_12115897.jpg



















こちらは通常メンテのATFの交換です。

b0173563_12124792.jpg


















使用ATFは LADO TAPIA です。
もちろんストレーナーとパッキンは
NEWパーツに交換しました。

b0173563_12124768.jpg

b0173563_12115185.jpg
























最後のメンテナンスはアライメントの調整です。






今回はアッパーアームを交換しているというのも
あるのですが、経年劣化のDRCの影響も考慮し
ハンドルセンターの調整も含めてKWが馴染む前に
まずは一度調整をおこないます。

b0173563_12135249.jpg

b0173563_1647797.jpg


















アライメント調整の担当はアライちゃんです。



ステアリング操作にしっとり感が出てきます。
タイヤがしっかりと接地して本来の性能を発揮させているのですね。

b0173563_16472838.jpg



















まずは車高を前後とも20㎜落としからスタートです。





KWの減衰も推奨値からスタートでOKのようです。

暫く走行して馴染んだ頃に再度車高の微調整そして
アライメントの調整をおこないます。

b0173563_14245349.jpg

b0173563_16475090.jpg









最終確認の試走やフォルトチェックを行い完了です。











これぞC5のRS6ですね。


アクセルを開けた瞬間、ブレーキを踏んだ瞬間、
そしてステアリングを切った瞬間、どれも安定していて
安心感があります。

もちろんこれだけのトルクがあるので重量級のRS6でも
街乗りはホントに楽々です。






ほとんどの割合で足廻りの改善が
一番大きな要因だったと思います。





C5はメカニカルな部分も多少残ってて
自分で操作するという本来の楽しい運転が出来るようになりました。







Tさん、ご依頼ありがとうございました。







暫く走行されましたらまたお越し下さいね。
更に乗り味よく素敵なRS6になりますよ。



そのうち<KW +>もご検討下さいね。














追記



C5のRS6は名車です。
ほとんどのお車が DRCの経年劣化が原因で本来の性能を発揮出来ずに
埋もれて行ってしまうような気がしています。

あまりにも優れた動力性能のため
何が良くて何が良くないのか掴みづらい、わかりにくい部分でも
あるかと思います。


ボディやシャーシ、そして安全性能はTOPクラスです。
足廻りを主としたちょっとのグレードアップメンテナンスで
C5のRS6は活き活きと走り出します。





b0173563_22181042.jpg








僕にはとてもRS6のオーナーにはなる事は出来ませんが・・・

街や高速を走ってるC5のRS6を見かけると、うれしく感じると同時に
この車を世に送り出したAUDIってすごいなと思います。

そしてなによりもこの車と共に活きるオーナーさんの
"様" が素にすごいと思います。

  by ishii_goblend | 2012-06-27 22:48 | RS6

<< お知らせです 入ってますよ〜! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE